Airbnbに関する考察 | airbnb USE

Airbnbに関する考察

エアビーアンドビーなら、映画の主人公になれそうな予感!

洋画好きの私は、海外への憧れが強い。映画は一時とは言え、非日常の海外空間に浸る事ができるからだ。時にはパリの街角で恋に落ち、時には大草原で冒険をし、マンハッタンのオフィスでキャリアウーマンになったりもする。実のところ冒険心や好奇心が旺盛なのだろう。産まれてきた以上は地球中を知り尽くし、様々な人と触れ合ってみたい。しかし、夢見る夢子さんは今ひとつ勇気がない。女性でも一人で海外に行ける人は少なくない。海外旅行はパックツアーの経験しかない私にとって、世界を駆け巡る夢はかなりハードルが高いのだ。
しかし、エアビーアンドビーなるものの存在を知って以来、夢が夢でない気がしてきた。エアビーアンドビーのホームページには、「暮らすように旅する」というコピーが躍っている。この言葉が、私に勇気と言う翼を与えてくれたのだ。
私の中でネックとなっていたのは、実は「ただ旅するだけでは嫌だ」という欲張りなこだわりだったようだ。その土地に行ったなら、生活感を肌で感じたいのだ。少なくとも1~2週間は滞在して、現地の人とも触れ合い、風習や考え方も知りたい。洋画に出てくるような異次元空間で、もう一人の自分を体験したいのだ。自分の中に、こんなパッションがあることに気付かせてくれたのが、エアビーアンドビーなのだ。ホームページを見ているだけで、妄想がとまらなくなった。
エアビーアンドビーは、簡単に言うと登録のあるホストさんが貸し出している部屋をネットで予約できるシステムだ。その宿泊先が世界的規模と言うから驚きだ。滞在は1日でも1か月でもOKで、予約の際はホストさんとメールでやりとりできるから安心でき、またその時点から触れ合いが始まっていると言える。セキュリティ体制万全のエアビーアンドビーを介して、安全に予約や支払いが行えるので、これが海外に対するハードルを取っ払ってくれたのだ。エアビーアンドビーは、世界版のネット宿泊予約サイトのようなものに感じる。こんな大規模な予約サイトを作ってくれて、有難うと言う感じである。エアビーアンドビーを使って数週間滞在すれば、私もパリで恋をして、映画の主人公になれるかもしれない。

Airbnbの利用者を増やしていくためのポイント

Airbnbを今よりももっと活性化させていくためには、より広く旅行者に対して認知させていくことが最重要です。Airbnbのサービスはまだまだ誕生したばかりの非常に新しいサービスで、旅行者に対して万人が認識しているというわけでは決してありません。日本人旅行者の中でも知らない人はたくさんいるでしょうし、世界規模でみればその数はもっと多いはずです。そうした現状を踏まえてみると、旅行者一般に対して広く浸透しているとはまだいえないです。

また、名前くらいは知っていたとしても、その利用方法や安全性について熟知していない人もいるはずです。概要を知って興味を持っている人でもそれ以上深く知ろうとしなければそこ止まりの知識で終わってしまいますし、いかにしてそういう人たちにさらに興味を持ってもらうかがキーポイントになってきます。

これからそのキーポイントについて何かアクションを行っていくとするならば、Airbnbを利用した人が自身で広めていくのが最も効果的です。今では各個人がブログやSNSツールをそれぞれ使いこなす時代で、それらを発信元として周りに少しずつ広めていけば、Airbnbを知る人はもっと増えていきます。

そうするとAirbnbの利用者はどんどん増えていき、増えていくことによってAirbnbのサービスがそれなりに安心の持てるサービスだと認識されていきます。利用している人が少ないサービスですとどうしても手が出辛くなってしまいますし、まずは誰かが率先して利用をした後にその人が広めていくという形を取るのが自然です。

それができるかどうかは運次第なところもありますが、これだけブログやSNSが広がっている今ならばまったくの不可能というわけでもないです。拡散していけば多くの人の知れるところになりますし、その数が増えれば増えるほど認知度は増していくのです。

Airbnbのサービスが旅行する人にとってより良いサービスであってもそれを知らなければ利用する機会を得ませんし、それがAirbnbを広げるポイントです。

楽しい形の宿にお泊りできる面白いAirbnb

Airbnbの宿がとっても楽しいのは、大型のバスに泊まれるところです。子供の頃に夢を見た大型のバスに泊まれて、料理が作れたり、ソファで語り合ったりできるのが楽しいところです。とっても寝やすいキングサイズのベッドがあったり、ツインのベッドが左右に配置してあっては、ゆったりと1人で寝れたりするのも楽しいバスでの宿泊が可能です。もうちょっとこじんまりとした乗り物が良い時には、バンがお勧めです。窓が多く、外の景色を眺めながら楽しく泊まることができます。キッチンもベッドもテーブルまで付いているから、気軽に1人からでも泊まれる楽しい宿です。

Airbnbがおすすめする宿には、可愛い馬のいる牧場の宿です。広くて広大な景色を眺めながら、ほんわかと温かみのある広い宿に泊まれるのが魅力的です。中には乗馬ができる宿もあり、ますますハマりそうな牧場の宿なのです。カントリー風な雰囲気が実に楽しく、大家族でもばっちり対応できるほどの広いスペースを確保できます。

この宿なら、1万円前後というリーズナブルな宿泊料金で泊まれるのが魅力的です。庭も広いから、犬を走らせては遊ばせることもできるのが楽しいですし、折りたたみ自転車で走っては運動したり、ジョギング大好き家族もおおいに満喫できるところです。

屋外に泊まることもできます。丸いキューブのようなテントにお泊りできたり、三角屋根の大きなテントに泊まれる所もあります。屋根も壁も草や茎でできたバリ的な宿に泊まれる宿や、まるでアートの様なユニークな形の宿、吊り橋を渡っては行く宿や、筒の中にいるような感覚になる丸みのある宿、木がむき出しの屋根がおしゃれな木の宿など、手作り感満載の個性溢れる宿に泊まれるAirbnbです。

アジア最高のデザインから、バリのベストな気持ち良い宿にお泊りすることも可能です。海の潮風を感じながら、オーシャンビューを楽しんでは語り合い、海で泳ぐこともできます。自分好みの楽しい宿から選んで宿泊できるのが楽しいAirbnbなのです。

airbnbのホストになりたい人はどうすべきか

今一番旬な副業とも言われているairbnbですが、全世界的な規模で見てみるとairbnbの利用者は本当にたくさんいます。日本はまだ社会に浸透しきってないですが、徐々にニュースなどで取り上げられ、興味を持っている人が増えてきています。現代は不景気の影響から副業に興味関心を持っている人がたくさんいます。副業というと主婦がスキマ時間にちょこちょこやる仕事と思われがちですが、airbnbも立派な副業になります。しかも副業としての単価は高いため、1件宿泊の予約が入ればそれだけで大きな収入になります。

しかも準備や清掃などは必要だとしても、基本的には余っている家や部屋を貸し出すだけなので、投資の費用もそれほどかかりません。そうしたメリットもあり、個人であれ、企業であれ、airbnbに興味を持っている人が増えています。airbnbのホストになるためにはairbnbのサイトから登録が必要です。しかしairbnbはあくまで仲介しているサイトなので、具体的な運営方法やアドバイス的なことは全くありません。そのためairbnbに対して疑問を持っていたり、分からないことがある人はたくさんいます。

そんな人のためにオススメなのが、airbnbを始めるためのセミナーです。開催地域は特定の場所ではなく、開催日もランダムですが、もし住んでいる地域でairbnbのセミナーがあれば参加してみる事をオススメします。大人数で講義形式のセミナーもあれば、チケット制で一対一で説明してくれるセミナーもあります。また参加費用も無料のセミナーもあれば、有料のものもあります。独自で行っているセミナーなのでこれといった決まりはありませんが、airbnbに興味がある人にとっては身近に質問できるいい環境と評判です。参加者は個人の人もいれば、会社や企業の代表者が訪れている場合もあります。airbnbは日本ではまだそれほど浸透していないし、情報自体が少ないです。airbnb副業をせいこうさせていくためにも、こうしたセミナーを上手く活用していくことが大事です。

Airbnbの課題や利便性について

日本の国政として東京オリンピックも見据えてインバウンド需要を取り込み、現在1000万人まで増えている海外の渡航者を1300万人まで増やしたいという方針を打ちだしています。今のところ、その傾向は非常にうまくいっていて、地域を問わず、海外からの渡航者は増えていく一方です。そこで大きな課題になっているのが日本国内の宿泊先の確保です。もちろん、費用面を考慮することなければ高級ホテルや旅館でも問題ありませんが、学生やバックパッカーなどの渡航にはそぐいません。そこでニーズが高まっているのがAirbnbです。

最近では少しずつこの言葉も知られるようになってきました。要するに自宅の1室そしてお風呂とお手洗いだけを個人、または仲介者の交渉によって海外の渡航者に貸し出すという仕組みです。実際、このAirbnbを通じて海外の渡航者に宿泊先を提供している日本人にとってはちょっとしたおこづかい稼ぎであり、ちょっとした社会貢献でもあります。個人で契約することが不安であれば、仲介者を通じ手の提供にすれば問題は少なくなります。宿泊者の条件を提示しておく。

たとえば、自宅に子供がいるなら男性はNGとか、夜は騒がれると困るのであれば、複数人での宿泊はお断りといった具合です。こうした条件さえ付けておけば宿泊料金の回収も含めて大きな課題はなくなると考えてもいいでしょう。しかし、こうした仕組みが広がってくると課題も大きなものとして見えてきてしまいます。あくまで個人が海外の渡航者に宿泊先を提供するというレベルなら問題ありませんが仲介者がビジネスとしてこうした取り組みを進めるようになると観光業界としてこのビジネスを認めて行くのか。

今後想定されるトラブルをどのように未然に防いでいくかといった大きな観点で課題を洗い出し、取り組もうということになります。ほかのビジネスでも同じことかも知れませんがこうした課題を乗り越えてこそAirbnbもビジネスとして定着することになります。

Airbnbで安心で安全な旅をしましょう

Airbnbを利用する人が近年増えています。
しかしその増加とともに、一部ではトラブルも発生しています。
せっかくこんな素晴らしいサービスがあるのに、一部の心ない人間のせいで全部が悪いものだと思ってしまうのは勿体無いですよね。

Airbnbを安全に利用するためには、やはり旅行に行く際一人で行かずに友人と同行するのが良いですね。
そして事前にホスト側の人のプロフィールを調べたり、連絡を十分に取り合いましょう。
今まで何度も宿泊客を泊めている信頼出来るホストであれば、他の人の感想もどこかにあるかもしれません。
そこまでせずとも、やはり十分に相手を選ぶのはとても大切なことなのです。

Airbnbはそうやって利用者側がしっかりとした気持ちで利用することにより、とても良い働きをしてくれます。
現地のホテルに泊まるよりも、やはり現地の人の家に直接泊まるほうが安価で、しかも楽しく過ごすことが出来ます。
せっかくの海外旅行、現地の人との交流があってこそではないでしょうか。

ホストの中には日本語を話せる人もいて、英語が苦手だという人でも安心して利用できます。
日本語が話せる人は日本や日本人が好きなので、とても良くしてくれるのです。
こちらが彼らの家で日本の話をするという事は、彼らにとっても楽しみであり嬉しい事なのです。

このように、しっかりとした事前のホストの確認や、こちらも十分下調べをすることでトラブルは起きず楽しむことが出来るのです。
ホスト歴の長い相手や、プロフィールがしっかり書かれた相手ならば十分安心が出来るはずなので、とにかく選ぶときに十分吟味しましょう。

Airbnbは正しく使えば素晴らしいサービスです。
ただし、ごく一部とはいえトラブルが発生している事実を受け止め、自分だけはそんなことに巻き込まれないようにしっかりと対策を練っておくことも必要なのです。

十分理解した上で、安心で安全な旅が出来るようそのための努力は惜しまないようにしましょうね。

早い段階で物件を抑えるようにする

旅行をするときに楽しめるのは、その現地でしか食べる事ができない食材があることです。写真を撮って味見をする事が多いですが、できれば自分で食材を調達して良い料理を作ってみると楽しめると思うのです。

そのような時には、Airbnbというサービスを利用することによって、現地の宿泊施設を利用することができます。厳密的には宿泊施設ではなく、現地の人たちが住むアパートや、一戸建てのような不動産屋に掲載されているような建物なのです。

その物件の部屋を期間限定で借りることができます。宿泊のプランが数日なのであれば、その数日だけを借りるために予約をするのです。

Airbnbを利用する客の多くが、一週間程度の利用となります。そうなるとホテルに支払う宿泊費用が結構な金額になるのですが、Airbnbを利用する事によって安く抑えることができます。

また、その物件のホストの方と連絡を取って鍵の受け渡しをしますが、その時にその地域で話題になっているレジャー施設や、お酒の美味しいお店、またはその地域で収穫できる特産品などを教えてもらうことができます。

ネットの旅行ガイドなどでも煮付けることができないような美味しい食べ物を見つけることができたり、または、昔ながらのお店で美味しい出会える可能性もあります。これが、ホテルに宿泊しているのであればそのあたりの情報に遭遇できない可能性があるのです。

そして、実際にAirbnbを利用したお客さんは、その感想を良好なレビューとして残すようになるので、その情報を見る事ができた旅行を予定している人たちは、安心してその宿泊施設を借りることができるのです。

基本的には空き部屋となっていますが、人気のある部屋の場合は、自分の旅行期間に借りることができなかったりするので、旅行の予定が決まった場合には、早い段階からその予定日に借りる事ができる施設をチェックしておくことが大事です。

旅行で現地に到着する日と、帰る日を検索で入れれば、自分の希望する期間の空いている物件を確認できるのです。

旅行先と自宅で楽しむ両方を満喫できる

バーカウンターがあるような家に住んでみたいと思う事があります。ドラマなどを見ていると、とてもかっこいいショットバーの映像などがあるのですが、それと全く同じような作りの家に住んでみたいと思うのです。

そして、自分で好きなカクテルを作ったりして優雅な時間を過ごすのです。そのような宿泊施設があれば利用してみたいと思うのですが、ネットで探せば容易に見つかるのです。

Airbnbというサービスは、旅行者に宿泊施設を貸し出すサービスをしています。物件は、一般的なアパートや一軒家などから、レジャー施設や、お城のような古風な建物などもあったりして、アイディア次第では非常に楽しめる旅行となるのです。

旅行者が楽しむ為のサービスとなっていますが、国内で登録されている物件を利用することももちろん可能です。数日間だけ違う気分を堪能するために、自分の好みの建物を借りるのです。

そのAirbnbを利用する際の費用は、一般的な宿泊の基本となるホテルからすると安い傾向にあるので、リラックスできる時間を過ごすという意味で借りるのも悪くない方法となるのです。

自分でどのような場所に宿泊できるとリラックスできるのかが分かってくると、旅行の際にもそれを参考にして事ができます。実際に海外にある物件で宿泊した人のレビューなどをチェックする事ができるので、そのけつがどれだけすばらしかったかをすぐに確認することができます。

そして、自分が旅行に行く時には、旅行で楽しむアトラクションだけをメインにするのではなく、その住んでいる建物でどのような楽しみ方ができるかをよく考えるのです。

その時にポイントになってくるのは、美味しい食事を外食で楽しむこともできれば、家に持ち帰って食べることもできるという事です。お酒と食べ物、そしてスイーツを準備してパーティをするような考え方も可能になってくるのです。

つまり旅行先で楽しんでる感覚と、自宅で楽しむような感覚がどちらも堪能することができるというのが、Airbnbの良いところだと言えるのです。

おしゃれな宿泊施設に泊まるためには

旅行の際にお手頃な価格で、宿泊施設を利用できる方法としてAirbnbがあります。世界中に空き部屋というのは非常に多くあり、賃貸物件として貸し出されている物件も多いのです。

そのような物件を、旅行者向けに貸し出す方法がAirbnbとなります。旅行者は、旅行前にその空き部屋の詳細を写真などで確認して、お気に入りの部屋が見つかったら借り入れの手続きをするのです。

このAirbnbのシステムで旅行をすると、宿泊費用が大幅に抑えられる可能性があるため、最近は人気が急上昇しているのです。

そうなってくると、空き物件を所有している人は軒並み登録しておけば、予定外の収入を得られるという事になります。そして、人気の部屋になると旅行者を何にも回転させていけば、その物件の賃貸費用よりも大幅に上回る収入が得られるのです。

そうなってくると、現地の人たちも旅行者に好まれるような立地条件や、綺麗な建物を賃貸で所有するようになるのです。そのような物件に家具類を配置し、冷蔵庫や洗濯機などをある設置してAirbnbで利用できる状態にするのです。

そして、詳細な写真を掲載しておけば、気に入ったお客さんが借りてくれるというやり方になります。このような、Airbnbで利益を出そうと様々な物件を探し求めているオーナーが世界中に増えているのです。

そうなってくると、価格競争も進んでくる可能性があるので、よりおしゃれで綺麗な宿泊施設を、安い価格で借り受けることが可能になってくるはずです。

ポイントになってくるのは、自分が楽しみたいと思った観光施設に近い物件であるかです。空港から非常に遠いのであれば安い物件であったとしても、旅行の最中の時間が失われてしまいます。

なので、近い距離ですぐに宿泊できる物件でありながら、現地の雰囲気を堪能できるような建物を選択することが大事なのです。ホテルに宿泊したときでは堪能できないような現地の楽しみ方がいくつもあるので、旅行プランを考えるときにはAirbnbを考慮することは非常に良い方法でなのです。

Airbnbの利用では旅行の準備がキーポイントになる

 旅行においてしっかりと準備をすることは、良い旅行をするための必須事項です。きちんとした準備をしていなければ良い旅行をすることはできませんので、どれだけきちんと準備して旅行に臨めるかがとても大切です。そして、それはAirbnbを利用したときにはことさらそれが強く出ます。

 Airbnbで予約リクエストをする前には、どんなホストなのかをしっかりと知る必要があります。泊まる前までは写真でしか宿泊先の様子がわかりませんし、そうした泊まる場所はもちろんのこと、ハウスルールやホストの生活環境だったりなど、詳しく聞いてみなければわからないことがたくさんあります。あまり慎重になり過ぎてホストを最初から疑うようなスタンスは好ましくないかもしれませんが、よく理解しないままで予約リクエストを出してしまっては自分にとってもホストにとっても良くないことです。

 また、確認を怠ったことによりいざ宿泊したとき言った言わないの水掛け論になるのは良くないことで、できればそうならないようにしっかりと準備を整えておかなければなりません。ホストと連絡を取ると言っても相手にも都合があるでしょうから、それがスムーズにできるとは限らないです。

 また、国が違えば時差もありますからそのこともしっかりと考慮し、余裕をもってコミュニケーションをしていかなければならないです。旅行前の準備としてかなり入念に力を入れなければならないのはまさにAirbnb独自のことで、それを考えると旅行前からあれこれとやり取りをしなければならないです。

 ただ、その煩わしさこそがAirbnbを利用した旅行の醍醐味ですし、そこを面倒くさいと思うようならAirbnbの利用は向いていないということになります。初めのうちはそれが不便に思えてしまうかもしれませんが慣れてくれば楽しくなってくるでしょうし、そうすることによってやりがいも出てきます。そこまで楽しめるのはもはや旅行のプロなのかもしれませんが、手をかけるだけの価値は十分あります。