Airbnbは、良い意味で現地の生活感を肌で感じながら泊まることができる宿、ということで伸びてきた会社です。アットホームな感覚で人気を集めているAirbnbですが、ホストとAirbnb側の安全対策もあってこそ、居心地の良さにつながり、リピーターも増やしてきました。Airbnbでは、煙探知機の設置も推奨しているので、ホストが設置しているケースが多いです。

Airbnbは、190カ国で利用されている実績があり、海外では既に日本よりも歴史も人気も認知度も高い状態にあります。だからこそ、海外で気軽に旅行をしたい外国人は、Airbnbから宿泊先の検索をすることが多いので今、日本でもAirbnbで登録をして、ホストになれば、空いている部屋を賃貸収入に変えられる大きなチャンスになります。日本では認知度がまだ低いので、ライバルが少ない状態だからです。

気をつけなければならない点があります。賃貸物件ではAirbnbサービスはできません。第三者に貸し出すことを賃貸関係の契約のなかでは許可されていないことが一般的だからです。ゴミ出しも国によって基準が違うので、外国人にも分かりやすく、ゴミの場所を提示している必要があります。

Airbnbで賃貸業をやっていくときに気になるのは、清掃のことです。でも、Airbnbで家賃収入を得ていくことを決めたのなら心配無用です。Airbnbでは、専門の清掃代行業者が多数あるので、好きなところを選ぶことができるからです。料金体系も業者によって特徴があるので、ホストが気に入った業者を選ぶことができます。こちらのairbnb エアビーアンドビー副業で月200万稼ぐ!掃除・運営代行比較も では掃除代行会社のことについて詳しく書かれているので覗いてみてください。最近では、清掃代行だけにとどまらず、清掃プラスホスト業の一切を引き受ける代行業者も登場しました。

鍵の受け渡しからAirbnbや旅行者とのメールのやりとりの代行、さらに清掃業務の全てを引き受けるという便利で心強い業者です。こういった代行業者にお願いすることで、Airbnbで安心してホストとして運営することができるようになりました。
料金もリーズナブルな上に代行会社を挟むことで運営管理や問題となっている掃除など手間がなくなり収入も入ってくるなんて一石二鳥ですよね。

部屋の使い方の説明書に関連することも全て代行業者が請け負ってくれるので、効率よく賃貸収入を得られるということで、日本でもAirbnbの人気と需要が高まってきました。
この働き方が多様化している現代でAirbnbはサービスの枠を超えて新しい働き方の一つになるのかもしれませんね。