現地の家を借りて滞在する、という全く新しい宿泊スタイルを実現するAirbnb。Airbnbを通じて宿泊場所を借りることで通常の旅行とは一味違った滞在が楽しめますが、Airbnbにまつわるトラブルも急増しているので利用には注意が必要です。
Airbnbはあくまでも借り手と貸し手を仲介するサービスです。Airbnbを通じて宿泊場所を借りる場合は基本的に個人間取引ですから、貸し手の質によって借りる部屋の状況は大きく異なります。キレイに整頓した部屋を借りることができればホテル並みの快適さですが、中には散らかったまま掃除もしていないような部屋を平気で貸し出すような貸し手も存在します。
日本人の感覚からすると他人に部屋を貸す前に掃除くらいするのが常識ですが、海外では日本の常識は通用しません。中には水道が壊れていたり電化製品がまともに使えなかったりすることもありますから、部屋を借りる前に口コミや評価をよく確認することが大切です。新規で始めて部屋を提供する貸し手から部屋を借りる場合は事前情報が全くありませんから特に注意が必要です。
退去時のトラブルにも注意が必要です。部屋を汚された、家具を壊されたなどのクレームをつけられると大きなトラブルに発展する可能性があります。身に覚えがない言いがかりをつけられた挙句に金銭を要求されるようなことも考えられますから、何か部屋に欠陥があった時は最初から問題があったことを証明できるように写真で撮影するなどして証拠を残しておきましょう。
セキュリティに関するトラブルも報告されています。Airbnbでは他人の部屋を借りているわけですが、部屋を旅行者に貸し出した後に貸し手が自分のカギを使って部屋に侵入し犯罪行為を行う可能性は否定できません。旅行者の金品を盗んだり性的暴行を加えたりといったトラブルが実際に発生していますから、過去の評判をチェックするなどして少しでも怪しいと感じ田相手からは部屋を借りないようにしてください。
Airbnbでの取引は基本的に自己責任です。残念ながらホテルに泊まるよりもトラブルに巻き込まれる可能性は高いですから、慎重に検討したうえで信頼できると確信した場合のみ利用するようにして下さい。